頭皮においの原因が湿疹・ニキビ

合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。頭がかゆいという経験者は半数以上でした。そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれ...

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。それは子供でも同じで、間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄...

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わ...

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因をなくすことが大切で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、その場合は、ストレスが原因かもし...

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥るこ...

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルのきっかけになりやすいです。顔色ならば、運動をしたり入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。でも頭皮の場合はちょっと違います。というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細い...

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないです...

現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除くことが大切です。シャンプーの刺激が原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回...

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。頭皮に...

同時に外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが大切です。それを実現するためにできることは、次の通りです。ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。以上です。総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を...

痒いならなおさらです。頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。そのため指先の感触で確認したくなってしまいます。しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。どうしてかといえば、指先には多くの雑...

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。ただ、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場...

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。次にぬるま湯でよくすすぎます。そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って...

それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。シャンプーは洗浄力の...

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。未熟のため外部の刺激に耐える力が小さく...

洗髪は、頭皮の脂を取ることに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。頭皮にかさぶたや湿疹がある場合...

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、症状は同じです。顔と頭、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。顔でも頭でも肌のケアが悪いとにきびはできます。頭皮につい...

それは、かゆみなしという子供でも同じです。正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。温めのお湯とは、38℃くらいでしょうか。頭皮がピリピリしてはいけません。シャンプーを適量手のひらにのせよく泡をたたせます。泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて...

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。○○硫酸は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。そのようなシャンプーは毎回使うことで...

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分...

痒いならなおさらです。頭皮にある「できもの」はどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。しっかりと観察できないから指先の感触で確認したくなってしまいます。しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。ど...

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、病院か...

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。そもそも紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることは重要です。そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。皮脂が過剰になったり、...

具合によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。もちろん、素人ではその判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚...

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除く必要があります。シャンプーの刺激が原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば...

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたとニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれ...

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶...

痒いならなおさらです。できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。頭皮にできた場合は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう...

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすい肌にします。では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがあり...

それらが毛穴に残ってしまって発症します。蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のため...

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂...

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。温めの温度は、38℃くらいでしょうか。頭皮に刺激が強すぎてはいけません。シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗...

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いで...

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。天気に関係なく外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。皮脂が過剰になったり、頭皮...

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。未熟ですからバリア機...

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いこと...

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが大切です。そのために意識すべきことは、次の通りです。ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮を優...

頭皮の清潔さを維持することです。そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。これをすることで、小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひら...

焦って病院の診察を受けようとしない。そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして発症します。フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。頭皮に...

それは、かゆみなしという子供でも同じです。正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。次に温めのお湯に髪全体を付けます。温めのお湯とは、38度前後です。頭皮がピリピリしてはいけません。シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹...

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。ただ、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部...

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。頭皮には、皮...

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。過剰な皮脂は炎症になります。勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。適度な皮脂は、頭皮...

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。体に適度にフィットする枕やマットレスを...

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。タオ...

それ以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを維持することです。そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。シャンプ...

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。頭皮の乾燥や過剰...

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても...

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。痒みが数日...

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。次にぬるま湯でよくすすぎます。そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサー...

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。そのようなシャンプーは継続して利用すると...

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。未熟ですからバリア機能が弱くなり乾...

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。はげないとは言い切れません。また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあ...

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることが大切です。だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。皮脂が過剰になったり...

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、気になるかもしれません。知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。頭...

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。過剰な皮脂は炎症になります。勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないという点です。適度な皮脂は...

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。温めの温度は、38度前後です。頭皮がピリピリしてはいけません。シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いま...

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂...

頭皮の炎症は、主に2つの原因があると言われています。皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。適度な皮脂は、...

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないように心がけます。そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。皮脂が過剰になったり、頭皮を...

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。それを実現するためにできることをお話しします。ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする。以上です。まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないこと...

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。...

それは、かゆみなしという子供でも同じです。正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。次に温めのお湯に髪全体を付けます。温めの温度は、38度前後です。頭皮がピリピリしてはいけません。シャンプー剤は、手に適量を取って十分に泡立てます。泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の...

いつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくす必要があります。シャンプーの刺激が原因なのか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。シャンプー剤を変えても...

白いかさぶたも同様とお考え下さい。できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先を使って確認したくなってしまいます。しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしまし...

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。そのようなシャンプーは毎回使う...

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を...

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を...

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。そういったシャンプ...

白いかさぶたも同様とお考え下さい。できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。しっかりと観察できないから指先を使って確認したくなってしまいます。しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけ...

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。はげないとは言い切れません。それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という...

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で...

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。温めの温度は、38度前後です。頭皮に刺激が強すぎてはいけません。シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優...

page top