「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、触れないということです。

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、触れないということです。

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先を使って確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそれにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

page top