『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、

合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

 

頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防ぐには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

また、紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることが大切です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

page top