かゆい・痛い頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

かゆい・痛い頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹が治らないということがないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが正論ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」というのはありませんが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

page top