かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

page top