かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、枕と炎症部分がこすれ合うことで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔にするよう心掛け、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

page top