ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

 

通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるということです。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないということはまずありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが正論ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本になります。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れやすいと思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

page top