もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

それ以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、余分な脂が毛穴に詰まることで起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

 

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、インスタント食品など脂質過多にしない、タバコを止める、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

page top