ニキビやできものが頭皮にできた場合、まず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

ニキビやできものが頭皮にできた場合、まず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除く必要があります。

 

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常にすることが大切です。

 

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

かゆい・痛い頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取って十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

 

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

page top