ニキビやできものが頭皮にできてしまったら最初に試す価値があるのは、

ニキビやできものが頭皮にできてしまったら最初に試す価値があるのは、

現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__頭皮湿疹が特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気かもしれません。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが必要です。

 

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

page top