フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先の感触で確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診することで医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

 

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みが出ます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

page top