健康な頭皮に痒みは出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

健康な頭皮に痒みは出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

page top