湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

泡はお湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして発症します。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

page top