痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの理由とは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

page top