痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに活性化します。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があると言われています。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮が乾燥していることです。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から守る機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因というわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その必要量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症するというわけです。

 

 

 

 

 

page top