痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することが大切です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるでしょう。

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

page top