知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため人はかゆみを感じます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるということです。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーを使って頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めにシャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

page top