脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多くその数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

 

赤い頭皮は血行が悪い状態で、血流が悪いと頭皮トラブルのきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動や入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、血行が悪いため白いわけです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

 

 

 

 

 

page top