質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすい肌にします。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

 

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

page top