質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上に皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

 

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を利用したシャンプー剤は避けるべきです。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離して生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

page top