赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を見つけることで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今日からできることがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

 

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

page top