赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

頭皮の炎症は、主に2つの原因があると言われています。

 

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はきちんと落とすこと、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

page top