赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

わかっているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もします。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔にするよう心掛け、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

page top