赤い頭皮になることを防止するためには、紫外線対策をします。

赤い頭皮になることを防止するためには、紫外線対策をします。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることが大切です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。

 

赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細くもともと血流が悪いので白いのです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として一番良いことは、その「できもの」を触らないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」はどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先を使って確認したくなってしまいます。

 

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

page top