頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法というのはありませんが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本になります。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を見つけることで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

page top