頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえ痛い、かゆいというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は使わない方が無難です。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

page top