頭にできるニキビは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

頭にできるニキビは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが大切です。

 

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除く必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__肌にできるニキビと頭皮にきびは、どのように違いがあるかご存知ですか?

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと思っている人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔でも頭でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔に比べて髪が長いことが多く、顔面のにきびほど目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌とマラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

page top