頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが必要です。

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが必要です。

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする。

 

以上です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、しない方が無難です。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

page top