頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、

それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もします。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

また、紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

page top