頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

赤い頭皮は血行が悪い状態で、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

 

顔色ならば、運動や入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取って十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

page top