頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができてしまったら最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくすことが大切です。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるかご存知ですか?

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと思っている人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒みで判断するよりも患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではまず判断することはできません。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

page top