頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

赤い部分は炎症なので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

page top