頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、頭皮の脂を取ることに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、枕と炎症部分が擦れることで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

page top