頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、紫外線対策をします。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、紫外線対策をします。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

 

天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、乾いたタオルで大方の水分を取った後、ドライヤーの熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

page top