頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

 

天気に関係なく外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多くその数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルのきっかけになりやすいです。

 

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として一番良いことは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、簡単に見えないことが多くそのため指先を使って確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも、できものができている部分に大量の雑菌が付けば、それにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

page top