頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

 

天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

そもそも紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることは重要です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

逆に赤い頭皮は何らかの異常があります。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

 

顔色ならば、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

しかし頭皮は、事情が違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

page top