頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診することで医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などがあり、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

page top