頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスが溜まっていませんか?

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスが溜まっていませんか?

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

 

ターンオーバーとは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーは、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で硫酸系の成分を利用しています。

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

page top