頭皮にニキビなどのできものができた場合、最初に試す価値があるのは、

頭皮にニキビなどのできものができた場合、最初に試す価値があるのは、

いつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因なのか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする。

 

以上です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、具合によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因になる物質を避けなければなりません。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬では永遠に治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

page top