頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。

 

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもそれ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

 

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

 

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

page top