頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるかご存知ですか?

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと思っている人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは続くということです。

 

 

 

 

 

page top