頭皮に赤い部分があるときの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

頭皮に赤い部分があるときの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

今日からできることがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を維持することです。

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

泡は十分なお湯を使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶が「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れられると思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

page top