頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態がさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top