頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮ニキビができてしまった、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大切なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、そしてシャンプー剤は頭皮や髪にに残らないように十分にすすいで終わらせることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、具合によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上に皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

page top