頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常にすることが必要です。

 

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、まず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因になる物質を避けなければなりません。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらもシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬では永遠に治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

page top