頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散がへたな人が多いのも事実です。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を探し出すことで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、ストレスをちょっとでも発散できる方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常にすることが大切です。

 

同時に外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

page top