頭皮のできものの対処法として一番良いことは、触れないということです。

頭皮のできものの対処法として一番良いことは、触れないということです。

痒いならなおさらです。

 

 

できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態が症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって赤い部分が生まれます。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が毛穴に詰まることで起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

 

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

page top