頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

痒いならなおさらです。

 

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先の感触で確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態がさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるかご存知ですか?

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、まず最初にすることはいつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして発症します。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

page top