頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

生乾きの状態は常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となってにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

 

洗髪は、頭皮の脂を取ることに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、枕と炎症部分がこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top