頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

同時に外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが大切です。

 

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないです。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言えないので、その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

page top